ニキビとニキビ跡の境界

ニキビなのかニキビ跡なのか?

ニキビは、最初は白いポツリとしたものができるんですけど、その後は、赤くなっていきます。

 

これは、炎症している状態なので、ごく自然な移り変わりなんですけども、そのままずーっと、赤みが続く人もいます。

 

最初は、ニキビができたみたいって思っていたものが、ずっと赤いまま。

 

赤みは炎症している状態なので、自然に治癒することも多いのですが、そのまま新しい皮膚に覆われてしまって、残ってしまってるんですね。

 

こうなる前に、表面にニキビがあるうちに治してしまうのがいいのですけれど、そう上手いこといかないことも。

 

基本的に、皮膚は自然に治癒するものなんですけど、赤みが引かないんですよね。

 

また、赤みがなくなったらと思ったら、黒く跡が残ったなんてこともあります。治癒はしてるんだけども、シミが残ってしまったんですね。

 

もっとも、厄介なのが、クレーターという凹み。顔がデコボコになってしまうんですけども、ニキビそのものはもう治ってるんですけど、皮膚が変形しちゃってるんですよね。

 

ニキビといっても症状はそれぞれですから、それに似合った方法で、それぞれを治していく必要があるんですよ。

 

●人気記事を読む
洗顔をしっかるとすればニキビはできない?
ニキビに効果のある洗顔の方法

最新【おすすめ】ニキビケアアイテム

エクラシャルム


ずっと待っていたオールインワンのニキビケア専用ゲルの「エクラシャルム」

ニキビができやすいのに肌が乾燥する人のための保湿ナンバー1アイテム

>>エクラシャルムの最新キャンペーン情報はこちらです